空き家対策の法律

テレビなどのメディアを通じて、空き家対策特別措置法に関するニュースが報じられています。
この法律は、平成27年2月26日に施行され、一部条文の施行が留保されていたものの、同年5月26日から完全施行されることとなりました。

そのように、メディアで取り上げられているとは言っても、実際にこの法律が適用される場面に遭遇しなければ、いまひとつ実感が湧かないというのも無理はありません。
しかしながら、この法律の重要性、緊急性からすると、地方にある空き家のオーナーは理解ではいられず、古い空き家であればすぐに対策が必要な内容となっています。
そうした状況を踏まえると、今や、空き家を放置できない時代が到来しているということぐらいは、認識しておく必要があります。

この法律を読み解くにあたっては、特別措置法をつくってまで空き家への対策を講じなくてはいけなかった、その理由を理解することが欠かせません。
最近のニュースで報じられているように、建物は必ず老朽化し、その結果として住民や通行人に悪影響をもたらす可能性があります。

また、講じられる対策や措置の内容にかかわらず、行政区域における空き家の現状を把握しなくてはいけないのは言うまでもありません。
したがって、市町村は最初に、空き家の所在、所有者を確認することとなり、そのために必要な調査、情報提供の求めができることが法律で規定されています。

このカテゴリーでは、空き家対策に関する法律について、解説します。



■Special Link
空き家問題の対策、解決は法律の専門家である弁護士に相談をしてみましょう … 空き家問題 解決